妊娠するとシミが増える理由

妊娠すると女性ホルモンバランスの変化に伴い、その変化は皮膚にまで影響を及ぼし、シミが増えると言われています。
皮膚の表面のメラノサイトから放出されるメラニン色素が肌に沈着することでシミができます。妊娠して女性ホルモンバランスが変化すると、メラノサイトを刺激するため、シミの原因であるメラニン色素が増えてしまいます。これが、妊娠中にシミができやすくなる理由です。
そのため、産後しばらく経ち、女性ホルモンバランスが通常の状態に戻ると、妊娠中に増えたシミは目立たなくなっていくといわれていますが、妊娠中から何もケアしていないと、そのままずっと消えないシミとなって残ってしまう可能性があります。
シミを残さないためにも、妊娠中からしっかりケアをする必要があります。 ケアをしないといけないといっても、妊娠中は肌が敏感になっていたり、何かと忙しくスキンケアに時間をかけていられない方も多いのでは?そんな妊婦の方のためにつくられたオールインワンゲルがあります。